邦画・ヒューマンドラマ映画 邦画

映画「探偵はBARにいる」の動画フルを無料で見る方法とあらすじ!Pandora他

更新日:

映画「探偵はBARにいる」は、橋本一監督、大泉洋主演の2011年に公開された映画です。

今回は、「探偵はBARにいる」のフル動画を無料で視聴する方法、あらすじ、感想を紹介します。



 

記事内容は2018年6月29日のものです。

最新の配信状況は各サイトでご確認ください。

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

映画「探偵はBARにいる」のフル動画を無料で視聴する方法

 

無料で動画を視聴できるサイトは「無料動画サイト」と「有料動画サイト」があります。

無料動画サイト」・・・YouTubeなどのユーザーが投稿した動画を視聴できる無料サイト。

有料動画サイト」・・・AmazonプライムやHuluなど、月額または1本あたりの視聴料を支払って視聴できる有料サイト。

たいてい無料お試し期間がある

 

「無料」動画サイトで視聴する

「探偵はBARにいる」は、Youtubeなどの無料動画配信サイトで無料で視聴できる場合があります

会員登録が不要なので、簡単に視聴することが出来ますが、デメリットもあります。

 

無料動画サイトのデメリット

  • ウィルスに感染する危険
  • 動画がスムーズに再生されないことがある
  • 画質が悪い
  • 広告が流れる
  • 著作権違反

下に無料動画サイトのリンクを貼りますが、すでに削除されている場合があります

その場合は、次に紹介する「有料動画サイト」をお試しください。

Youtubeで「探偵はBARにいる」を見る

Pandoraで「探偵はBARにいる」を見る

Dailymotionで「探偵はBARにいる」を見る

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

「有料」動画サイトで視聴する

2018年6月30日に調べたところ、国内の動画配信サイトの「探偵はBARにいる」の配信状況は以下のようになっていました。

 

U-NEXT
Hulu
dTV
Amazonプライム
Paravi
Netflix

※最新の配信状況は各サイトでご確認をお願いいたします。

ポイント

「探偵はBARにいる」は、上記の動画配信サイトで「見放題」扱いになっています。「見放題」とは、月額料金を支払えば追加料金無し視聴できる動画を言います。

逆に「レンタル」や「ポイント」と表記された作品は、月額料金とは別に追加料金が必要です。

 

たとえば、「探偵はBARにいる」シリーズは、1と2は見放題になっていますが、どこも3は別料金になっています。

レンタルビデオの「新作」「旧作」のようなものです

 

「U-NEXT」なら「探偵はBARにいる3」も無料で視聴できる

各社、1ヶ月程度の「無料お試し期間」を設定していますが、「探偵はBARにいる3」を視聴するには別料金が必要です。

ただ1社、「U-NEXT」だけは初回会員登録で、無料期間31日間と600ポイントの特典がもらえます

「U-NEXT」で「探偵はBARにいる3」を視聴するには540円必要ですが、もらった600ポイントを使えば、お金は一切不要で視聴できます。

さらにお試し31日間は、「見放題」と表記された動画を追加料金無しで視聴できます

つまり、「U-NEXT」だけが「探偵はBARにいる」シリーズを無料で一気見することが出来ます。

 

映画「探偵はBARにいる3」のフル動画を全話無料で一気見!あらすじと感想も!

映画「探偵はBARにいる3」は、吉田照幸監督、大泉洋主演の2017年に公開された映画です。 今回は、「探偵はBARにいる3」のフル動画を無料で視聴する方法、見どころ、あらすじ、感想・考察を紹介します。 ...

続きを見る

無料視聴のまとめ

「探偵はBARにいる」を無料で視聴するには

  • Pandoraなど無料動画サイトの違法アップロード動画を視聴する
  • 「有料動画配信サイト」の無料お試し期間を利用する

この2つの方法があります。

 

デメリットの多い無料動画サイトよりも安全で画像のキレイな「有料動画配信サイト」をオススメします。

サービスが合わない時は、無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりませんよ

 

 \U-NEXTを31日間無料で試してみる/


/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「探偵はBARにいる」の作品情報

原作

原作は東直己さんの推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』の第2作「バーにかかってきた電話」です。

 

『ススキノ探偵シリーズ』の第1作「探偵はバーにいる」が映画タイトルになっていますが、第1作は映画化されていません。

「探偵はバーにいる」は東直己さんのデビュー作です。

肩の力が抜けたのか、デビュー作よりも第2作のほうがコミカル色が強い気がします

キャスト

  • 大泉洋 / 探偵<俺> 役
  • 松田龍平 / 高田 役
  • 小雪 / 岬マリ 役
  • 西田敏行 / 諏訪麗子 役
  • 田口トモロヲ / 松尾 役
  • 安藤玉恵 /  峰子 役
  • 竹下景子 / 近藤百合子 役
  • 吉高由里子 / 近藤恵 役
  • 街田しおん / 近藤京子 役
  • マギー / 源ちゃん 役
  • 松重豊 / 相田 役
  • 石橋蓮司 / 岩淵恭輔 役
  • 高嶋政伸 / カトウ 役

 

「探偵はBARにいる」のあらすじ・ネタバレ

 

(C)2011「探偵はBARにいる」製作委員会

ご注意

ネタバレを含みます。

まだ視聴していない方はご注意ください。

コンドウキョウコの依頼

探偵がいつものようにバー「ケラーオオハタ(Keller Ohata)」で飲んでいると、コンドウキョウコと名乗る若い女から電話がかかった。

 

依頼金10万円は前払いしてあるので、依頼を受けてほしいと言う。

怪しい依頼だったが、若い女の「あなたしか頼れない」の一言で思わず引き受けてしまう。

 

依頼内容は簡単だった。

弁護士のに「去年の2月5日、カトウはどこにいたか」と聞くだけだった。

 

南はカトウのことは知らないと答えるが、明らかに顔色が変わった。

その帰り道、探偵は見知らぬ男達に襲われ、雪の中に埋められてしまう。

それは、余計なことに首を突っ込むなというメッセージだった。

 

しかし、探偵は首を突っ込むのを止めるどころか、報復をしようと熱く燃えた。

 

即天道場

早速、探偵は自分を雪に埋めた男たちが地元のヤクザ「花岡組」を尾行する。

そして「花岡組」が絡む右翼団体「即天道場」の存在を知る。

 

「即天道場」に出入りしていた田口晃は、去年の2月5日の雑居ビル「快楽会館」の火災で、放火が疑われた男だった。

田口は、火災の1週間後にシンナー中毒で死に、放火の犯人と疑われたまま死亡した

 

「快楽会館」の火災では、一人女性が死亡していた。

その火災で死亡した女性の名前は、「近藤京子」だった。

探偵に依頼してきた「コンドウキョウコ」と同じ名前だ。

近藤京子は、念願だったスナックを「快楽会館」で開業したが、悪質な地上げに遭い、立ち退きを要求されたが拒否していた。

 

探偵は、まず火災の犯人とされた田口晃の母を訪ねる。

父親のDVと貧乏な家庭で育った田口は、お決まりの不良コースを辿り、やがて「即天道場」に入会したことを聞く。

探偵は、貧乏な田口の家に似つかわしくない大画面のテレビに違和感をおぼえた

 

次に探偵は、亡くなった近藤京子の母を訪ねる。

京子のスナックは、実の父親に援助をしてもらって開業したことが分かる。

実の父親は正義感が強い男で、1年前、男たちに襲われた女性を助けに入って殺されてしまった霧島敏夫だった

霧島が殺されたのも2月5日だった。

快楽会館の火災が起きた日と同じだ。

 

近藤京子が地上げに反対したので、手っ取り早く「即天道場」の田口を使って放火させたようだ。

だが、放火だけのはずが、田口はしくじって近藤京子を死なせてしまったのだった。

 

未亡人・沙織

「コンドウキョウコ」から再び電話がかかる。

今度の依頼は「シンコーのカトウ」という男を呼び出すというものだ。

「2月5日の件で」とボーリング場に呼び出すと、カトウが現れた。

探偵を雪に埋めた男だ。

 

即天道場、そしてカトウが黒幕だとわかった探偵は、カトウに反撃を目論む。

地下駐車場に入ったカトウを捕まえようとするが、探偵が見たのは銃殺されたカトウだった

 

桐原組の相田の情報で、一連の事件の黒幕は快楽会館の跡地に建てられた施設のオーナー岩淵だと分かる。

岩淵から見れば、カトウは末端の実行部隊に過ぎない。

 

相田とともに岩淵の自家用ヘリを張り込んでいると、降りてきたのは近藤京子の父・霧島敏夫の未亡人・沙織だった。

沙織は、男を手球にしてのし上がってきた女だと言う。

 

ということは、近藤京子と霧島敏夫を殺した本当の黒幕は沙織なのか?

そして「コンドウキョウコ」の正体は?

 

 \いますぐU-NEXTを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「探偵はBARにいる」を観た方の感想!

映画を観た方に感想を聞きました!

ハードボイルドというジャンルを知らなかったので、調べてみました。

 

弱音を吐かず、人のことを思いやり、黙々と自分のやるべきことをやる男

これが、一番わかり易いですかね。

ちょっと乱暴ですが、「強くて、優しい探偵」をハードボイルド小説と捉えて間違いないようです。

 

この言葉通り、大泉洋さんの探偵がカッコいいです。

 

ボヤきながらも依頼者を第一に考え、ときには、田口の両親が撃たれたことに荒れ狂う。

普段は熱くないけど、いざというときには熱くなる姿にシビれ、最後まで時間を忘れて見ることが出来ました。

 

個人的には、小雪さんはあまり好きでは無いのですが、最後に小雪さんが復讐をする姿は美しく悲しかった。

 

このあと2と3も見てみようと思います。

 

たかし 40代男性

40代男性
30代男性

笑いあり、涙ありで面白かった。

 

黒幕が岩渕というのが、ちょっと納得いかなかったですかね。

途中まで花岡組が一番の悪だったので、そのまま花岡組の親分を悪にしといてほしかった。

ちょっと岩渕のでてきた辺りが言葉だけの説明でバタついた印象がある。

 

ほとんどラブの要素も無く、昭和のニオイ漂う雰囲気は癖になる。

撮影地が東京だったら、この昭和感が嘘くさくなりそうで、ススキノというのがちょうど良いのかも知れないですね。

 

俳優では、大泉洋さんと松田龍平さんの距離感が良いし、関係性の説明があまり無いのも良いと思う。

 

高嶋政伸さんは、最初誰だか分からなかったです。

髪型だけで別人になりますね。

恐怖感を煽れる狂気な役はハマリ役だと思います。

 

てか、吉高由里子さんは?

写真だけだったの(笑)

この映画が撮られた2011年でも、そこそこ活躍していたはずだけどな・・・

 

いわしくん 30代男性

 \U-NEXTを31日間無料で試してみる/


/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました

-邦画・ヒューマンドラマ映画, 邦画
-,

Copyright© どうがラパゴス , 2019 All Rights Reserved.