2018年ドラマ 高嶺の花

ドラマ「高嶺の花」第1話のネタバレあらすじと考察!峯田和伸はなぜカツラ?

更新日:

ドラマ「高嶺の花」の第1話は、2018年7月11日に放送されました。

第1話では、早くも石原さとみさんと峯田和伸さんが急接近しました。



 

いろいろと謎を残したまま第1話が終わりました
ネタバレあらすじと疑問点や謎を整理しますね

 

ドラマ「高嶺の花」第1話のネタバレあらすじ

ネタバレ注意

ネタバレを含みますので、まだ見ていない方はご注意ください。

 

ストーカー

華道の名門「月島流」本家に生まれた月島もも(石原さとみ)は、美貌、キャリア、財力そして才能にも恵まれていた。

 

しかし、吉池拓真(三浦貴大)との結婚式の当日、吉池から二股交際であることを告げられ、結婚を破棄されてしまう。

それまで挫折を味わったことのないお嬢様育ちのももは、吉池のことを諦めきれずストーカーを続けてしまう

 

今日も、たまたま吉池をサイクリングコースで見かけたももは、必死で追いかけてしまった。

吉池は真由美(西原亜希)と結婚し、出産も間近。

警察にも「つきまとい禁止令」を出されていたため、すぐに通報されてしまった。

 

自転車屋

警察の聴取を受けた後、自転車で家に帰るもも。

つい結婚式のことを思い出している最中に、バランスを崩して池に落ちてしまう。

 

泥だらけになり自転車も壊れ、立ち寄った自転車屋「風間輪店」で店主の風間直人(峯田和伸)と出会う。

直人は、高飛車なももに嫌な顔をせず接してくれた。

 

優しい直人は恩師の三宅(城後光義)からも信頼されていた。

三宅は、自分の手に負えない引きこもりで家庭内暴力を振るう中学生・堀江宗太(舘秀々輝)を直人に預けた。

直人の母

直人には、寝たきりの母親・節子(十朱幸代)がいた。

母一人子一人だった直人は、母の面倒を見続け、20年間彼女がいなかった

 

そんな直人を気にかける商店街の世話焼きが、節子が死んでしまったことを機に、直人に見合い話を持ってきた。

直人は見合いをするが、相手から断られてしまう。

 

華道

華道の新しい流派「宇都宮龍彗会」を興した宇都宮龍一(千葉雄大)は、伝統を壊し、進化していくことを理念としていた

一方、ももの流派の月島家は、伝統を重んじる。

 

ももの父・月島市松(小日向文世)は、自分の手が思うように動かなくなってきたこともあってか、ももが結婚失敗で挫折したことを心配していた。

とりあえずの男を見つけ早く傷を癒やすよう、ももを諭す。

 

ある日、宇都宮は月島市松と一席設けた。華道への取り組み方について、宇都宮は伝統を重んじるやり方を「太古の化石」とバカにする

 

しかし、宇都宮の本心は月島家を潰すことではなかった。市松の娘・もも、なな(芳根京子)のどちらかと結婚し、共に繁栄したいと提案する。

宇都宮のやり方に反対の立場だった市松も話に乗る。

 

妹・なな

ももと妹・ななは、異母姉妹だ。ななの母親は、現在の市松の妻・ルリ子(戸田菜穂)。

 

ももの本当の母親は「ちえこ」と言うことくらいしか教えられていない。

 

母親が違うためか、ももは神経の太い性格だが、妹は気が弱い

しかし、姉妹の仲は良く、特に妹はももの才能を高く評価していた。

 

妹が自分のことを図太い性格だと思っていると察したももは、自律神経が失調し味覚が無くなっていることを告白する

ももの弱い部分を知った妹は、心配して泣き崩れる。

 

告白

商店街の人間とも仲良くなってきたももは、自分が結婚破棄されたこと、ストーカーをしたこと、味覚が無くなっていることを告白する。

 

泣きながら告白するもも。

直人はもものことを「自分が傷つけられたとき、相手を憎まず、哀しむことができるいい女だ」と褒めた。

 

商店街の人間も「いい女だ」と、ななを慰め、酒とカラオケで盛り上げた。

酔いつぶれたももは、直人の家に泊めてもらい、距離が縮まる。

 

お披露目会

100人ほどの観客が集められ、華道のお披露目会が開かれた。

月島家の家元として、妹・ななが舞台に立った。

しかし、気の弱いななは、重圧に負けてしまい言葉が出なくなってしまう。

そこに、ももが駆けつけ堂々と振る舞い、事なきを得た

 

舞台裏で、市松は運転手の高井(升毅)から、直人と娘・ももの交際の報告を受ける。

市松は、直人には犠牲になってもらうとつぶやく・・・。

ドラマ「高嶺の花」第1話の見逃し配信動画を無料で見る方法と感想!

石原さとみさん主演のドラマ「高嶺の花」の第1話が2018年7月11日からスタートし、平均視聴率11.2%を記録しました。   今回は、「高嶺の花」第1話の見逃し配信を無料で見る方法やあらすじ ...

続きを見る

 

ドラマ「高嶺の花」第1話の考察

格差恋愛をテーマにしていて、第1話で早くも華道の家元と儲かってなさそうな自転車屋の恋愛らしきものが始まりました。

 

当然、このまま一気にゴールインするわけもなく、謎や伏線がいくつかあります。

 

第1話に秘められた謎を整理しておきましょう。

 

高嶺の花の意味

高嶺の花は、「見えているけれど手の届かないもの」「あこがれるだけで自分には程遠いもの」という意味です。

 

第1話のももと直人の関係では、それほど高嶺の花でもありません。

ももは家元を継ぐ気も無いわけですし。

タイトルの「高嶺の花」には、本当の意味が隠されていそうな気がします。

 

ちなみに、石原さとみさんがドラマのポスターで持っている花は「芍薬(しゃくやく)」。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言う言葉にも使われ、高嶺の花の美人の代名詞とされています。

 

 

 

宇都宮龍一が選んだのは、もも?なな?

宇都宮龍一と月島市松との話し合いで、結婚相手に姉妹のどちらを選んだのかが分かりませんでした。

 

ドラマのストーリーとして、ももを選んでいないと話が面白く進んでいかないと思うのですが・・・

 

直人(ぷーさん)の将棋

第1話の最後で、直人の将棋の戦績が100%と表示されました。

 

また、回想シーンで母親が直人の頭の良さについて語るシーンが有りました。

そのとき「能ある鷹は爪を隠す」、「夢を叶える力がある」と自分の息子を褒めていました。

 

格差恋愛がこのドラマのテーマになっていて、直人が下、ももが上、という構図です。

しかし、今後の展開でその格差が逆転することを匂わせているようにも思えます。

 

ももの本当の母親

使用人の金さんと銀さん(正司照枝・花江)が、「ちえこ」さんについて知っているのを匂わせていましたね。

現時点では、ももの母親は「ちえこ」という名前以外分かっていません。

しかし、普通に死別したとかいうことでは無さそうです。

 

現在29歳のももが「ちえこ」のことを全く覚えていないことから、「ちえこ」が居なくなったのは25年以上前ですね。

妹・ななの設定年齢が21歳ということから考えて、父親が現在の母・ルリ子と再婚したのは21年以上前です。

 

そして、ももは、ルリ子のことを「ルリ子さん」と呼んでいました

まだ幼いころの再婚のはずなので、「ルリ子さん」と呼ぶのは違和感があります。

二人の間になにかあったのでしょうか。

 

継母とももの関係にも注目です。

 

運転手・高井が怪しい

運転手の高井が、とにかく怪しさを出しています。

 

月島家との関係は、単なる運転手だけでは無さそうですが・・・

 

峯田和伸さんは、なぜカツラ?

ドラマのストーリーとは関係ないですが、峯田さんは映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」の舞台挨拶の時は坊主頭でした。

 

その舞台挨拶は2018年の3月だったので、峯田さんの肩までありそうな長髪まで伸びることは不可能です。

なので、ドラマの長髪はカツラで間違いないでしょう。

 

では、カツラを被る意味は?

今後、月島家に結婚の挨拶をする時に坊主頭になる、という展開があるかもしれませんね。

 

ドラマを見逃した方はHuluで視聴するのがオススメです。

 \いますぐHuluを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

-2018年ドラマ, 高嶺の花
-

Copyright© どうがラパゴス , 2019 All Rights Reserved.