洋画・アクション映画 洋画

「ドラゴン危機一発」の吹替版のフル動画を無料で見る方法!あらすじと感想も!

更新日:

映画「ドラゴン危機一発」は、ブルース・リー主演の1971年に公開された映画です。

今回は、「ドラゴン危機一発」のフル動画を無料で視聴する方法、あらすじ、感想を紹介します。



 

 

ブルース・リーの「ドラゴンシリーズ」第1作目です

記事内容は2018年7月14日のものです。

最新の配信状況は各サイトでご確認ください。

 

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

 

映画「ドラゴン危機一発」のフル動画を無料で視聴する方法

出典:Yahoo!映画

無料で動画を視聴できるサイトは「無料動画サイト」と「有料動画サイト」があります。

無料動画サイト」・・・YouTubeなどのユーザーが投稿した動画を視聴できる無料サイト。

有料動画サイト」・・・AmazonプライムやHuluなど、月額または1本あたりの視聴料を支払って視聴できる有料サイト。

たいてい無料お試し期間がある

 

「無料」動画サイトで視聴する

「ドラゴン危機一髪」は、Youtubeなどの無料動画配信サイトで無料で視聴できる場合があります

会員登録が不要なので、簡単に視聴することが出来ますが、デメリットもあります。

 

無料動画サイトのデメリット

  • ウィルスに感染する危険
  • 動画がスムーズに再生されないことがある
  • 画質が悪い
  • 広告が流れる
  • 著作権違反

下に無料動画サイトのリンクを貼りますが、すでに削除されている場合があります

その場合は、次に紹介する「有料動画サイト」をお試しください。

Youtubeで「ドラゴン危機一発」を見る

Pandoraで「ドラゴン危機一発」を見る

Dailymotionで「ドラゴン危機一発」を見る

 

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

 

「有料」動画サイトで視聴する

2018年7月14日に調べたところ、国内の動画配信サイトの「ドラゴン危機一発」の配信状況は以下のようになっていました。

U-NEXT
Hulu 見放題
dTV
2018年8月31日まで
Amazonプライム
ビデオパス
Netflix見放題

※最新の配信状況は各サイトでご確認をお願いいたします。

表の見方

見放題」と書かれた動画配信サイトは、月額料金だけで視聴できます。

dTVは、調査した時は2018年8月31日までの配信期限でした。

 

動画配信サイトの無料期間を使う

上記の「見放題」と書かれているサイトは、月額料金が必要です。

ただし、どのサイトも初回登録時は2週間から1ヶ月の無料お試し期間を設定しています

それを利用することで、「ドラゴン危機一発」を無料で視聴することが出来ます。

 

吹き替えはHuluだけ

「ドラゴン危機一発」は「Hulu」以外は字幕版しかありません。

吹替版がお好きな方は「Hulu」で視聴してください

 

「Hulu」は、字幕と吹き替えを切り替えるのではなく、別の動画として登録されています。

 

Huluでは、ブルース・リーの作品が揃っています。

これを機会に一気に観ることも出来ます。

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

 

無料視聴のまとめ

「ドラゴン危機一発」を無料で視聴するには

  • Pandoraなど無料動画サイトの違法アップロード動画を視聴する
  • 有料動画サイトの無料お試し期間を利用する

この2つの方法があります。

 

デメリットの多い無料動画サイトよりも安全で画像のキレイな「有料動画配信サイト」をオススメします。

サービスが合わない時は、無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりませんよ

 

 \いますぐHuluを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「ドラゴン危機一発」の作品情報

キャスト

  • ブルース・リー / チェン・チャオアン 役
  • マリア・イー / チャオ・メイ 役
  • ジェームズ・ティエン / シュウ・シェン 役
  • リー・クン / クオン 役
  • ハン・インチェ / マイ 役
  • トニー・リュウ / マイの息子 役
  • マラリン / ウー・マン 役

 

「ドラゴン危機一発」のあらすじ

 

ご注意

ネタバレを含みます。

まだ視聴していない方はご注意ください。

 

チェン・チャオアン(ブルース・リー)は大洪水による被害で農作物に打撃を受けたのを機に、従弟のシュウ・シェン(ジェームズ・ティエン)一家の頼りのもと、都会で働く事になりました。

 

都会へ出る際、チェンは母親からヒスイのペンダントを送られていました。

それは喧嘩っ早いチェン自身が、二度と喧嘩はしないと心に誓う為の物でした。

 

シュウの家では、大家族が暮らしていました。

一家の男達は、近くの製氷工場で働き、チェンもそこで働かせてもらう事になりました。

 

ところが、チェンが作業に取り掛かり、作業用のレールに乗せて滑らせた氷が途中でコースから外れ、地面に落ちて砕けてしまいます。

その際、氷の中から白い粉の袋が出て来ました。

その現場を目撃した2人の工員が、工場長に呼ばれました。

 

実は、「製氷工場」は表向きの顔で、氷の流通を利用し麻薬密売が行われていたのです。

工場長は、多額の金と引き換えに麻薬密売に協力するよう説得するも、2人が断ると、彼らの帰り際、部下達に殺害させてしまいます。

 

工員2人の行方不明を不信に思ったシュウは、工場の経営者であるマイ(ハン・インチェ)のもとを訪ねますが、マイの息子(トニー・リュウ)達の襲撃に遭い、シュウともう1人の工員も殺されてしまいます。

 

次々と起こる事件に、チェン達はマイ一味を疑い、真実を要求、ストライキを行いました。

すると、マイの部下達は暴力で鎮めようとし、やがて乱闘に発展してしまいます。

 

その時、喧嘩はしないと誓ったチェンのペンダントが、暴動の弾みで割れてしまった瞬間、チェンの怒りが爆発しました

あっという間に部下達を倒し追い払いました。

チェンの圧倒的な強さに驚いた工場長がマイに報告。

 

結果、チェンが班長に任命される事になりました。

しかし、そんなチェンにも魔の手が迫っていたのです…。

 

 \いますぐHuluを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「ドラゴン危機一発」の感想!

ブルース・リーが一夜にしてスターになった作品で、これも何回も観ていますが、改めて観直すと、ちょっとした発見がありました。

 

製氷工場で働いているチェンの従兄弟の一人の役で「霊幻道士 」の道士様こと、ラム・チェンインがいて、思わず「若いな!」と思いました。

 

この作品はブルース・リーの存在が無ければ、とてもつまらないと思えるくらい、ストーリー展開は単純で、また低予算な作品なんだなと映像を観て思いました。

 

物語後半、チェンが周りで起きた出来事の真相を確かめる為に工場の氷室に行くと、行方不明になっていたシュウ達のバラバラ死体が氷づけにされていました。

しかし、よく見ると彼らの顔写真を氷づけにしてあったり(笑)、その直後のチェン対集団のアクションシーンで、チェンが1人をパンチでぶっ飛ばした時、壁が人型に突き抜けたり(「トムとジェリー」みたいです!)

今観るとシュールかつ、限られた予算の中で試行錯誤で制作されていた事が伺えます。

 

その後のブルース・リー映画ではあまり見られないトランポリン・アクションを使っているのもこの作品の特徴です。

初期の「仮面ライダー」と似ていると思われます(リー自身、このタイプのアクションはあまり好きじゃなかったそうです)。

 

また、吹き替え版では主人公チェンの声を藤岡弘が演じているので、目を閉じて聞いていると、「仮面ライダー(1号)」を観ている気分にもなっちゃいます(放映時期もそれ程、変わらないので)。

 

ラストのチェンとマイとの対決で、マイのナイフが手元から離れ、チェンの蹴りによりマイの腹部に突き刺さるというありえない展開がちょっとおかしかったです(その後、チェンがマイの腹部に指を突っ込んだり、馬乗りになって殴り続ける場面がありますが、フランスでは「残酷描写」という事でカットされたそうです)…。

 

その後の「ドラゴンへの道」や「燃えよドラゴン」もそうですが、同じ俳優でも監督によって、アクションの撮り方や迫力が全く異なる事を実感しました.

そのため、この「ドラゴン危機一髪」のアクションは、今観るとやや古い感じがするかもしれません。

 

シリーズで観ていただくと、面白い発見があると思います。

 

 \いますぐHuluを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました

-洋画・アクション映画, 洋画
-

Copyright© どうがラパゴス , 2019 All Rights Reserved.