邦画・ヒューマンドラマ映画 邦画

映画「蛇にピアス」のフル動画を無料で見る!みどころ、あらすじ、感想も紹介!

投稿日:

映画「蛇にピアス」は、2008年に公開された映画です。

まだ無名だった頃の吉高由里子さんの裸体が見れる映画ということで有名になりました。



 

吉高由里子さんは、この映画のオーディションの合格が決まって数日後に交通事故に遭い、人生観が変わったそうです。

 

<U-NEXT>をいますぐ試してみる

映画「蛇にピアス」のフル動画を無料で視聴する方法

出典:Yahoo!映画

 

無料で動画を視聴できるサイトは「無料動画サイト」と「有料動画サイト」があります。

無料動画サイト」・・・YouTubeなどのユーザーが投稿した動画を視聴できる無料サイト。

有料動画サイト」・・・AmazonプライムやHuluなど、月額または1本あたりの視聴料を支払って視聴できる有料サイト。

たいてい無料お試し期間がある

 

「無料」動画サイトで視聴する

「蛇にピアス」は、Youtubeなどの無料動画配信サイトで無料で視聴できる場合があります

会員登録が不要なので、簡単に視聴することが出来ますが、デメリットもあります。

 

無料動画サイトのデメリット

  • ウィルスに感染する危険
  • 動画がスムーズに再生されないことがある
  • 画質が悪い
  • 広告が流れる
  • 著作権違反

 

下に無料動画サイトのリンクを貼りますが、すでに削除されている場合があります

その場合は、次に紹介する「有料動画サイト」をお試しください。

 

Youtubeで「蛇にピアス」を見る

Pandoraで「蛇にピアス」を見る

Dailymotionで「蛇にピアス」を見る

 

<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

「有料」動画サイトで視聴する

2018年7月19日に調べたところ、国内の動画配信サイトの「蛇にピアス」の配信状況は以下のようになっていました。

U-NEXT 見放題
Hulu
dTV 見放題
Amazonプライム 見放題
auビデオパス
Netflix

※最新の配信状況は各サイトでご確認をお願いいたします。

 

表の見方

見放題」と書かれた動画配信サイトは、月額料金だけで視聴できます。

 

無料期間お試し期間を利用する

「見放題」と書かれているサイトも月額料金が必要です。

 

ただし、どこのサイトも1ヶ月程度の無料お試し期間を設けています。

 

その無料お試し期間を利用することで、「蛇にピアス」を無料で視聴することが出来ます。

 

<Amazonプライム>をいますぐ試してみる

 

<dTV>をいますぐ試してみる

 

<U-NEXT>をいますぐ試してみる

 

無料お試し期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

ただし、有料の動画は別料金なのでご注意ください。

「見放題」と書かれた動画だけが無料お試し期間に無料で視聴できます。

 

無料視聴のまとめ

「蛇にピアス」を無料で視聴するには

  • Pandoraなど無料動画サイトの違法アップロード動画を視聴する
  • 有料動画サイトの無料お試し期間を利用する

この2つの方法があります。

 

デメリットの多い無料動画サイトよりも安全で画像のキレイな有料動画サイトをオススメします。

 

 \いますぐU-NEXTを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「蛇にピアス」の作品情報

原作

「蛇にピアス」の原作は、金原ひとみさんの同名小説です。

金原ひとみさんは、この作品がデビュー作で芥川賞を受賞しました。

 

 

キャスト

  • 吉高由里子 / ルイ 役
  • 高良健吾 / アマ 役
  • ARATA / シバ 役
  • あびる優 / マキ 役
  • ソニン / ユリ 役
  • 市川亀治郎 / 刑事 役
  • 井手らっきょ / バイトのマネージャー 役
  • 小栗旬 / 吉田光洋 役
  • 唐沢寿明 / 警察官 役
  • 藤原竜也 / 横山悟 役
ちょい役が豪華!

 

 \U-NEXTを31日間無料で試してみる/


/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「蛇にピアス」の見どころを聞きました!

「蛇にピアス」を視聴した方にオススメポイントを聞きました!

キャストも大好きな方々が沢山出演していて、大好きなcharaさんの曲がサウンドで使われています。

 

高良建吾さんのピアスも体には沢山埋め込まれていて、刺青もとてもリアルです。

舌にピアスを開けて、スプリットタンをしているシーンなんかはすごく衝撃的でものすごくリアルでした。

あまりグロいシーンやホラーが苦手な方は目を背けてしまいそうなぐらいでした。

 

実際、私はグロいシーンやホラーシーンは観るのは平気なタイプですが、この映画を見た時は目を隠してしまいました。それほどリアルなシーンでした。

 

イトーさん

30代女性
20代女性

まず、この映画の監督が、あの蜷川幸雄さんです。

わたしはそれが一番の決め手で見ました。

吉高由里子さんがヌードになったのも、蜷川幸雄さんが監督だったからじゃないでしょうか。

 

蜷川幸雄さんの作品はとても描写やカメラワーク、俳優さん達の表情1つがとてもリアルで、演技をしているという感じが全くない無いです。

 

映画は、日本のブラックな部分、影の部分をリアルに切り取られています。

特に見て欲しいシーンは吉高由里子さんが舌にピアスを空け、スプリットにするシーンです。

 

これはCGで作成されているのですが、吉高由里子さんは実際に空けるとも言われていたほどの力の入ったシーンです。

リアルな痛みを感じられるシーンです。

 

あいり

少し、エッチな場面があり、それでもなぜかセクシーに感じとても魅力的。

主役の男性二人もとてもかっこよく、役柄にはまっていました。

 

また、タトゥーが認められないこの日本で、タトゥーをとても美的に感じます。

私もタトゥーをしているのですが、していてもいいんだなと感じました。

 

内容に関しては、悩める現代の若者を切実に映しているように思いました。

ここでは、主人公たちの親は出てこず、若者だけでなんとかしようとしている姿がとても感銘を受けます。

 

最初は、とっつきにくい映画かもしれませんが、見てしまうとついつい物語ののめり込んでしまいます。

 

酒豪

30代男性

 

 

「蛇にピアス」のあらすじ!

 

アマとシバとの出会い

主人公は19歳のルイ。渋谷をあてもなくブラついていた。

 

ある日、顔はピアスだらけで、背中には大きい龍の刺青のある赤髪のアマとクラブで知り合う。

アマのスプリットタンを見せられたルイはそれに興味を持ち、一夜で男女関係になり、本名も年も知らない2人が交際を始める。

 

ルイもスプリットタンにしていみたいと言い、舌に穴をあけるために彫り師のシバと出会う。

ルイはそこでタトゥーに興味を持ち、龍と麒麟の2つを彫ってもらうことを決めた。

アマとシバの身体にはそれぞれ龍と麒麟が彫られていて、二人が自分から離れていかないようにという願いを込められていた。

その代金として、シバはルイの体を求めた。

 

チンピラとアマ

ルイは友達のマキにアマを紹介し、3人で酒を飲んだ帰り道にチンピラに絡まれた。

逆にアマはチンピラをボコボコに殴り、2本の歯を抜き取った。

「愛の証」だと言って、2本の歯をルイに手渡す。

 

後日、ルイはニュースでそのチンピラが死んだこと知った。

アマには黙っていようと決心をし、特徴的な髪の毛の色を赤から黒に変えさせた。

 

アマの死

やがて、ルイのタトゥーは完成するが、同時に自分が生きていることを実感できるのは、痛みを感じているときだけだと知る。

死を考え始め、アルコールに依存していく。

 

ある日からアマが帰ってこなくなった。

ルイは捜索願を出しに行くが、その時に初めて名前も知らなかったことに気づく。

 

警察から連絡が入り、アマが殺されたことが判明する。

体中にタバコを押し付けられ、性器にはお香が詰められ、首を絞めて殺されていた。

だれが犯人なのか分からなかった。

 

アマの死体のタバコや線香は、シバが使用していたものと同じだと分かったが、それはルイにとってどうでも良くなっていた。

ルイは、自分にとってピアスやタトゥーが何だったのかが分かり、舌のピアスを抜いた。

 

 \いますぐU-NEXTを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

 

「蛇にピアス」を観た感想!

「蛇にピアス」を観た方に感想を聞きました!

 

私も多くの人が言っているように、最後のストーリーが少し納得できませんでした。

アマの死体が発見された時の話で、アマの死体は全て剥ぎ取らていて、体中にはタバコの火を押し当てた跡がありました。

 

犯人はサディストでバイセクシャル。

なぜそこまでしたのか?

なぜシバはアマを殺したのか?

 

シバの部屋でアマを殺害した証拠となるお香を見つけたルイ、その証拠を隠すために、別のお香を買いに行って違うお香を焚いたシーン。

アマが居なくなってシバと暮らすルイ、ルイは夜中に起き上がり、アマとの愛の証をビニールに入れ、お酒のボトルで細かく砕き、飲み干します。

愛の証を自分の体内に取り組んだということでしょうか。

 

私にはアマとシバどちらを愛していたのかよくわかりませんでした。

 

イトーさん

30代女性

とても描写が良かったです。

リアルな痛さが映像からも伝わってきましたし、アマとシバの相対的な人間性、特にシバの特殊な性癖を表しているシーンの演技は、見ているこちらも苦しくなりました。

実際にシバのような性癖を持った方がいらっしゃるのか気になりました。

 

最後が気になったのですが、すこし曖昧な感じで終わったなというのが印象です。

なんとなくシバが犯人なのはわかったのですが、あまりにもシバが人間性からかけ離れていたので、もやもやっとした感じが残ったような気がします。

 

最後ルイは渋谷の街を一人歩いていたので、シバともお別れしたのかなと想像はできますが、もう少しスッキリ終わってほしかったですね。

 

あいり

20代女性

映画の感想としては、正直すっきりしない内容でした。

結果的にだれが犯人だったのかもわからず、この先二人はどうなっていくのか。

 

本当にすっきりしませんでした。

 

でも、本当は犯人が誰かとかが問題ではないのかも知れません。

 

ルイが生きる実感を得る過程を描写する映画なので、犯人がシバであろうとなかろうと大した問題では無いのでしょう。

 

龍と麒麟のタトゥーに目を入れ、二人の男に別れを告げたルイに強く行きてほしいと願うのみです。

 

酒豪

30代男性

 




-邦画・ヒューマンドラマ映画, 邦画
-

Copyright© どうがラパゴス , 2018 All Rights Reserved.