2018年ドラマ バカボンのパパよりバカなパパ

「バカボンのパパよりバカなパパ」第3話|動画見逃し配信は?あらすじと感想も!

更新日:

ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」第3話「パパは賛成の反対なのだ」は、2018年7月21日にNHKで放送されました。

マンガ家・赤塚不二夫さんの生き方と家族にスポットを当てたストーリーです。



 

今回は、赤塚不二夫さん一家の家族旅行のお話です

出典:NHKオンデマンド

NHKオンデマンドの見逃し配信

放送を見逃した場合は、NHKオンデマンドの見逃し配信で視聴できます。

 

NHKオンデマンドは、「バカボンパパ」は1話216円(税込)で視聴することが出来ます。

 

<U-NEXT>をいますぐ試してみる

U-NEXTでNHKオンデマンドを見る

NHKオンデマンドで「バカボンのパパよりバカなパパ」を視聴しようと思われた方は、ちょっと待ってください。

 

動画配信サービのU-NEXTにNHKオンデマンドも含まれているので、U-NEXTでも「バカボンのパパよりバカなパパ」を視聴出来ます。

 

しかも、U-NEXT独自のサービスがあるので、初回は安く出来ます

 

 

U-NEXTの初回31日間無料お試し

U-NEXTに初めて登録する時は、「31日間の無料お試し期間」と「600ポイント」の特典を利用できます。

 

NHKオンデマンドでは、NHKの番組しか視聴できませんが、U-NEXTなら372円でNHKオンデマンドと映画や雑誌、ドラマなどを楽しむことが出来ます

ぜひ、一度U-NEXTを試してみてください。

 

U-NEXTのサービスが合わない時は、31日以内に解約すれば一切お金はかかりません

 

注意ポイント

U-NEXTの無料お試し期間は31日ですが、NHKオンデマンドの契約は毎月1日から月末までです。

例えば、6月20日から契約すると、U-NEXTの有効期間は残っていても、6月30日でNHKの契約は切れてしまいます

月の初めの方に契約するほうがお得です。

 

 \U-NEXTを31日間無料で試してみる/


/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「バカボンパパ」の動画を観る方法の詳しい解説はこちら

ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」は、2018年6月30日からNHKで全5回で放送されます。 マンガ家・赤塚不二夫さんの生き方と家族にスポットを当てたストーリーです。   もちろん、赤塚 ...

続きを見る

 

「バカボンのパパよりバカなパパ」第3話のあらすじ・ネタバレ

注意ポイント

ネタバレを含みます。

まだ視聴していない方はご注意ください。

不二夫(玉山鉄二)が再びギャグ漫画家としての道を歩み始め、アシスタントはおろか、常に締め切りを気にしている編集者を巻き込んで「アイディア会議」を開き、ギャグ作りに奮闘する日々が続いていました。

 

そんな矢先、今度は不二夫の実娘・りえ子が自分の進路について考え始め、イギリスへ留学しアートを学ぶ事を考え始めます。

りえ子は思い切って、その願望を母親である登茂子(長谷川京子)に伝えました。

ところが、イギリスへ何をしたいのか、先が見えているのか等、己のヴイジョンの不透明さを指摘され、留学は反対されます。

 

そんな時、登茂子が突然倒れて、病院でガンと診断され入院しまいます。

登茂子の入院先の病院に駆け付けた不二夫はりえ子に真っ先に、母親を置いてまで留学するのかと詰め寄り、りえ子とその場で喧嘩をしてしまいます。

すると突然、登茂子がベッドから起き上がり、家に帰ると言い出してし、周りはあっけに取られてしまいます。

 

そこで彼女の療養も兼ねて、不二夫や眞知子(比嘉愛未)を含む家族5人で、伊豆へ温泉旅行へ行く事になりました。

 

旅行先の温泉旅館にて、温泉から出て部屋に戻ったりえ子と登茂子が食事をしようとした矢先、部屋の窓から煙と同時に不二夫の声が聞こえてきました。

 

何と不二夫と眞知子が旅館の庭先で勝手にバーベキューを行っていたのです。

器具は勿論、調理用のたれやその他数え切れない食べ物を持ち出し、やる気満々です。

 

しかし、そこの席でも、登茂子らに良かれと思い一方的な振る舞いをする不二夫にりえ子は苛立ち、再び登茂子の病気の事・留学をめぐって揉めてしまいます。

挙句の果てに、不二夫がふてくされてその場を立ち去ってしまいます。

 

その後、海辺でりえ子をなぐさめている登茂子達でしたが、突然、遠くから不二夫の「バーカ!」という叫び声が聞こえて来たのです。

 

 

 \U-NEXTを31日間無料で試してみる/


/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

「バカボンのパパよりバカなパパ」第3話の感想

物語冒頭の、「立場関係無しのアイディア会議」は、一見楽しそう、かつ赤塚不二夫の気分次第でいくらでも方向が変わってしまうちょっとハラハラさせられるものだなと思われます。

 

しかし、不二夫・アシスタント・編集者共に信頼しあっていたこそ、あれだけハチャメチャなギャグが作りができて来れたのかもしれません。

また、行きつけのバーで不二夫が「小皿を口に頬張る事ができたら、アイディア会議に入れてやる」というアホな事も言って、終いには編集者のポケベル(時代ですね…)まで犠牲になり、不二夫の口の中に入れてしまったりと(これは本当かどうか分かりませんが)、私生活から体を張ったギャグ三昧だったのかな?と思いました。

 

また、ナビゲーターの松尾スズキさん、りえ子と玄関で遭遇したレレレのおじさん(?)役のなぎら健壱さん等、物語進行とはほぼ関係が無さそうでも、ただ淡々と物語が進むよりはこの様なキャラクター達が時々現れた方が場が和むので良い演出だと思います。

 

登茂子の療養も兼ねた温泉旅行先の旅館で、不二夫と眞知子が庭先でバーベキューを行っていますが、ドラマ、かつこういうキャラクターなので笑えますが、最近はよくニュースで取り上げられる、マナーを守らずバーベキューを行う人達もいるので、現実ではあまりいてほしくないですね(堅い話になってすいません)。

そして、この回の中心の1つでもあるりえ子の進路ですが、赤塚ファミリーの場合、子供が年頃になり、必ず親は頭を抱える進路の問題、これまた複雑だなと思いました。

 

終盤、不二夫は海辺でマント(?)を広げて、「バカ」を連発しながらジャンプしますが、不器用ながらもメッセージを伝えているんだなと思いました。

真剣に思い切って「バカ」になり、自分の人生を突き進め!という事が行動から伝わって来たと感じられます。

 

同じく終盤、病院にて「『バカ』と叫んだだけで、ガンが消えた!」…て、本当かな?と思いましたが、(勿論、ドラマの展開上の事もありますが)「病は気から」という言葉もありますし、毎日を笑って前向きに生きられたら、とても理想的ですね。

 

 \いますぐU-NEXTを試してみる/

/ 最新の配信状況は上のサイトでご確認ください \

 

 




-2018年ドラマ, バカボンのパパよりバカなパパ
-

Copyright© どうがラパゴス , 2018 All Rights Reserved.